イベント・セミナー

-カスタマーエクスペリエンス向上最新動向-

最新テクノロジーを活用した次世代コンタクトセンターモデル

東京都

最新のテクノロジーを活用したコンタクトセンターモデルについてご紹介します。

コミュニケーションチャネルのデジタル化により顧客と企業の接点は多様化の一途をたどります。さらに、自動化ソリューションの台頭に伴いコンタクトセンターは従来の運用モデルからの脱却が強いられています。

本セミナーでは、最高のカスタマーエクスペリエンス向上に貢献するための最新のテクノロジーを活用したコンタクトセンターモデルとは何かについて、お客様事例を交えながらご紹介してまいります。

開催概要

開催日時
2017年7月7日(金)14:30~17:20 (受付開始 14:00)
申込期間
2017年5月30日(火)~2017年7月6日(木)
会場

アキバプラザ 5F アキバホール

東京都 千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル

・JR線 秋葉原駅 (中央改札口より徒歩2分)
・つくばエクスプレス線 秋葉原駅 (A3改札口より徒歩1分)
・東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 (2番出口より徒歩3分)

定員
180
対象者
カスタマー部門、コンタクトセンター部門、マーケティング部門、経営企画部門、情報システム部門の責任者以上の方など
※本セミナーは対象者を限定しております。対象外のお客様のご参加はお断りさせて頂く場合がございます。また、応募者多数の場合は、抽選とさせていただくこともございますので、あらかじめご了承ください。
主催
株式会社ベルシステム24
共催
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
協賛
協力
後援
費用
無料(事前登録制)

詳細内容

○Session1 | ユーザー事例 (14:30~15:20)

楽天流の「クラウド」「データ」「VOC」活用が実現させた、顧客応対品質「業界No1」

電話がつながらない、説明がわかりづらい、オペレーターのモチベーションがあがらない。その結果「お客様満足度」があがらない。楽天証券はこのような顧客サポートとエクスペリエンスの課題を「クラウド」「数値化(データサイエンス)」「VOCの活用」で改善してきました。今後のさらなる満足度向上に向けたチャネルのオムニ化やAI化等、現在の取り組みにも触れながら、カスタマーサービス改善の軌跡と将来展望についてお話します。

楽天証券株式会社
カスタマーサービス本部 副本部長
コンテンツマネジメント 部長
神田 康之 氏

○休憩 (15:20~15:30 )
○Session2 (15:30~16:20)

「ベルシステム24が考えるコンタクトセンター運営の新標準とテクノロジー戦略」

「採用難時代のオペレーションモデル」「CX重視の経営」「AIなどのテクノロジー進化」などの環境変化へどう対峙すべきか、皆様にとっても重要な課題になってきていることと存じます。売上や利益への貢献だけでなく、継続性のある運営をすることが求められる中、次世代システムに必要な要件は何か?当社自身が考えるコンタクトセンターの新たな運営モデルとともに当社の最新ソリューションをご紹介いたします。

株式会社ベルシステム24
ソリューション推進本部
テクノロジーマーケティング部 部長
山中 洋平

○休憩 (16:20~16:30)
○Session3 (16:30~17:20)

「AI×IVRでATT短縮を実現する!次世代コミュニケーションプラットフォームのご紹介」

Watsonと音声認識を活用した次世代コミュニケーションプラットフォームをご紹介いたします。お客様の言葉を認識してその意図を解釈し、用件にあった適切な回答を導くシステムとなります。ATT(平均通話時間)を短縮する事で大幅に人件費を削減しつつ、顧客満足度向上も期待できるこのソリューションの狙いをデモンストレーションを交えてご紹介いたします。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
情報通信第3本部 ICT営業第2部
ICT営業第1課 課長
橋本 明 氏


※登壇者は予告なく変更する場合がございます。
※講演内容は変更になることがあります。あらかじめご了承ください。

本イベント・セミナーへのお申し込み

お申し込み受付期間が終了したため、受付を締め切らせていただきました。

お問い合わせ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 金融ビジネス第3部 渡辺・キム fb3-seminar@ctc-g.co.jp 03-6203-4580

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)