クラウド時代の新たなセキュリティ対策/インフラ構築・新標準

CTC SaaS Day 第七回

■「企業の外(クラウド上のデータ/モバイル端末)」守れてますか?
日本国内の2016年の企業におけるSaaS利用は44.3%に到達し、約過半数の企業がファイル共有やメール、グループウェア等のクラウドサービスを利用している状況となりました。※出典:日経コミュニケーションの「企業ネット/ICT利活用実態調査」

一方で、サイバーセキュリティーへの脅威は急増しています。
従来のセキュリティ対策の考え方は「社内の資産を守る」という視点でした。
これからのセキュリティ対策は「社外の資産も守る」という視点も考慮しなけ
ればなりません。

また、インフラ構築の観点でも、オンプレミス中心のNWアーキテクチャのままでは
Office365やBox等のSaaS利用が増えてくると、アプリケーションの反応が遅くなる
といったトラブルも見られるようになりました。

そこで「今」考えなければならない、クラウド時代の新たなセキュリティ対策/インフラ構築・新標準
と題したセミナーを開催させていただきます。

ご多忙の折とは存じますが、皆様のお申し込みを心よりお待ち申し上げます。

開催概要

開催日時 2017年5月11日(木)15:00 ~ 17:30 (受付開始 14:45)
申込期間 2017-04-19(水)~2017-05-10(水)17:30
会場
大阪府 大阪市北区梅田3-1-3 ノースゲートビルディング19F
● 地下鉄御堂筋線「梅田」駅 徒歩2分
● JR大阪環状線「大阪」駅 徒歩1分
定員
40名
 申込受付中
対象者 情報システム部門 
主催 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
共催
協賛
協力
後援
備考  
費用 無料(事前登録制) 

詳細内容

 

14:45~15:00 受付
15:00~15:10 ご挨拶
15:10~15:50 Cloud実現するセキュアなコンテンツ管理

多くの企業はスピードと柔軟性を求めクラウドシフトが加速しています。その中で何故今Boxが企業で採用され、利用が拡大しているのか?
容量無制限のCloud Storageではない、データ格納領域における「次世代インフラ」としての活用シーンを交え、Boxで実現するセキュリティをご紹介します。

株式会社Box Japan
チャネル営業部
マネージャー
萩原 修

15:50~15:55 休憩
15:55~16:35 Skyhigh Cloud Access Security Broker

Cloud Access Security Broker(CASB)の重要性が認識され始めました。今までのSaaSだけではなく、IaaSやクラウドサービス上に展開されているカスタムアプリケーションに対してのアクセス監査への要望も強くなってきました。Skyhighが提供するIaaS、カスタムアプリケーションの監査ソリューションを紹介します。

スカイハイネットワークスジャパン合同会社
ジャパンオフィス
カントリーマネージャ
露木 正樹

16:35~17:15 SaaSアプリケーションの拡大によるネットワークの課題とそのソリューション

Office365やG Suite、Box等、SaaS型のクラウドアプリケーションを利用する企業が増え、2017年には、大企業を含めた本格的な導入が進むと見込まれています。クラウドアプリケーションは、ネットワークを介した外部への通信が増加し、今後これまでとは異なるネットワークが必要となります。本セッションでは、SaaSアプリケーション活用時の課題となる高速化とセキュリティ確保について、導入事例を交えながらご紹介します。

A10ネットワークス株式会社
営業本部 大阪支店
エリアマネージャー
小川 洋一

 

17:15~17:30 質疑応答/閉会

※お申し込み多数の場合は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

本セミナーへのお申し込み

CTCオンライン会員の方 会員登録がお済みでない方

申込

お問い合わせ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 クラウドインテグレーションビジネス推進部 大元 隆志
ctc-saasday@ctc-g.co.jp
03-6417-6578