イベント・セミナー

『CTC OutSystems Forum 2021』

~今、企業にもとめられる「システム開発力」とは~

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

近年、多くの企業がDXを推進する中、市場に事業価値を提供し、変化し続ける経営環境に素早く対応できる経営基盤が求められており、その実現には、ソフトウェアの活用が必要不可欠であり、またそのソフトウェアを柔軟に素早くつくることがポイントとなります。
今、ソフトウェア開発の方法として、「ローコード開発」が注目され、Gartner社は2024年に全世界の65%以上がローコード開発になると予測しています。
本セミナーでは、「~今、企業にもとめられる「システム開発力」とは~」と題して、ローコード市場を牽引する「OutSystemsPlatform」を活用した実際の開発事例を株式会社JR東日本情報システム様からご紹介いただき、各社からOutSystemsの特長、取り組み概要を説明します。

ご多忙の折とは存じますが、少しでも皆様のDX推進のヒントになれば幸いです。皆様のお申し込みを心よりお待ち申し上げます。

開催概要

開催日時
2021年10月14日(木)15:00 ~ 16:40 (受付開始 14:45)
申込期間
会場

Zoom

※当日の Web セミナー参加方法は、お申込みいただいた方に、メールにてご連絡いたします。

定員
対象者
主催
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
共催
協賛
OutSystemsジャパン株式会社、FPTジャパンホールディングス株式会社、 グレープシティ株式会社(五十音順)
協力
後援
費用
無料(事前登録制)

詳細内容

 ※プログラム内容や順序については変更になる場合がございます。

14:45~15:00 受付
15:00~15:05 ご挨拶

伊藤忠テクソリューションズ株式会社
アジャイル営業推進部
部長 吉田 仙良

15:05~15:20 DXを加速させるローコード開発について

社会全体のデジタル化が進む中で、企業はデータやデジタル技術を活用し
新たな価値を生み出していかなければなりません。
ローコード技術がデジタル社会にもたらすディスラプティブテクノロジー
についてご紹介いたします。  

伊藤忠テクソリューションズ株式会社
エグゼクティブエンジニア
伊藤 晃規

15:20~15:35 DXでイノベーションをリードしビジネス機会を加速

 Gartnerは、2024年までに4社中3社がマルチエクスペリエンス開発プラット
フォームを使用してデジタル製品を構築すると予測しています。
コロナ禍によって時代は急速に変化しており、将来の競争力を維持するための
計画を立てる重要な時期です。
OutSystemsのお客様が、困難な年が続く中でどのようにイノベーションを起
こし、業界のデジタル変革をリードしているかをご紹介いたします。

OutSystemsジャパン株式会社
取締役社長
アーノルド・コンセンコ 様

15:35~15:50 ローコード開発アプリで「表計算UI」を実現                                                      
                           ― SpreadJS for OutSystems ―

SpreadJS for OutSystems(スプレッドJS)は、Reactive Webアプリ
開発で利用するオプションモジュールです。
アプリケーション画面に、日常業務で見た目、操作に慣れ親しんだ 
「表計算ユーザーインタフェース」を組み込む方法を紹介します。

グレープシティ株式会社
ツール事業部
福地 雅之 様

15:50~16:05 ローコード開発促進に向けたご提案~
                           DX・デリバリ・ソーシング戦略と共に考える

日本においてエンジニアの確保が一段と難しくなる中、システム構築が手軽に
短期間でできることから「ローコード」技術に注目が集まっている。
ローコード技術を上手に活用するには、DXやデリバリ、ソーシングといった 
戦略とセットで考えることが大切だ。
ITプラットフォーム、データ移行・統合、モバイル向け新サービスなど、様々な
局面で活用できる技術だけに、一部の組織やプロジェクトに閉じるのではなく、
全社の視点でスキルを習得し、ノウハウを蓄積していくべきでもある。

FPT Consulting Japan Co., Ltd.
Managing Director
小野内 隆弘 様

16:05~16:25 【特別講演】~ローコード開発事例紹介~
                           JR東日本情報システムのOutSystemsへの取組み

JEISでは2年前からOutSystemsの検証を進めています。部内で利用する
在宅勤務管理アプリや、WeWorkの利用状況把握アプリなど、小さな規模
から進めていましたが、今回、JR東日本向けの新型コロナワクチン職域
接種の支援アプリケーションを構築しました。
OutSystemsを活用したその取り組みをご紹介いたします。

株式会社JR東日本情報システム
テクノロジー応用研究センター
IoTテクノロジーグループ エキスパート
鈴木 慶太 様

16:25~16:40 質疑応答、アンケート

 

※お申し込み多数の場合は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

本イベント・セミナーへのお申し込み

お申し込み受付期間が終了したため、受付を締め切らせていただきました。

「申込」をクリックすると当Webinar申込サイトに移動します。

お問い合わせ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 アジャイル営業推進部 OutSystems担当 outsystems-event@ctc-g.co.jp 03-6433-4064

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)