50th ICGM

INTERNATIONAL COLLABORATIVE GROUP MEETING

皆様におかれましては益々ご清祥の事とお喜び申し上げます。

この度、第50回International Collaborative Group Meeting(以下、ICGM)を、2018年11月6日(火)に開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。

ICGMは、英国Lhasa社により開発された下記ソフトウェアのユーザ会で、日欧米の各拠点にて、それぞれ毎年一回開催しております。
 - Derek Nexus (知識ベースin silico毒性予測システム)
 - Sarah Nexus (統計ベースin silico毒性予測システム)
 - Vitic (毒性試験情報データベース)
 - Meteor Nexus (in silico代謝予測システム)
 - Zeneth (in silico分解生成物予測システム)
 - Mirabilis(Purge Factor算出システム)

日頃のご研究や業務でご多忙のことと存じますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
今後共、Lhasa製品をご愛顧頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

開催概要

開催日時 2018年11月6日(火)10:00-18:00
申込期間 2018年10月31日(水)
会場
東京都 千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル
・JR[東京]駅 地下鉄[大手町]駅 地下直結
・JR[東京]駅 日本橋口徒歩1分
・JR地下鉄[大手町]駅 B6出口直結
定員
 
対象者  
主催 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 ライフサイエンス事業部
共催
協賛
協力
備考  
費用  

詳細内容

※プログラムは予告無く変更になることがあります。予めご承知おきください。

09:30~10:00 受付
10:00~10:20 Introduction
  • 開会のご挨拶
  • 伊藤忠テクノソリューションズより参加ユーザ様のご紹介
Lhasa Limited
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
10:10~11:20 Lhasa's Session-1
  • ●Lhasa's Scientific Future
    • Overview of Lhasa’s current scientific research
  • ●eToxsys and eTRANSAFE
    • Overview of the eTOX project and its outputs
    • Overview of eTRANSAFE and how it links to eTOX/eTOXsys
Lhasa Limited
11:20~12:00 Dr.Honma's Session 
  • ●Relating to ICH M7
  • 現在、世界中で登録されている化学物質の数は1億4000万を超え、この数は1日約3000のペースで増えつづけている。このような膨大な化学物質の安全性の評価にはインシリコの手法が必須である。また、医薬品開発においても、医薬品の不純物の安全性の評価にインシリコ手法の利用が国際ガイドライン(ICH-M7)に認められた。このため、インシリコによる毒性予測には、より高い精度が求められている。本講演ではインシリコ手法の1つである定量的構造活性相関(QSAR)モデルによる、化学物質の変異原性予測のための国際チャレンジプログラムの結果と、今後の取り組みについて紹介する。
Dr.Masamitsu Honma, National Institute of Health Sciences
12:00~12:10 CTC Session 
  • ●Sinequaのご紹介
    • CTC取扱の『Sinequa(シネクア)』の概要をご紹介いたします
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
12:20~13:40 ご昼食&ネットワーキング
  • 立食形式をご昼食をご用意しております(椅子もご用意しております)
  • ご昼食の間に、午後のWorkShopで議論する例題を絞り込むためのアンケートを実施いたします
13:40~15:20 Lhasa's Session-2  
  • ●Overview of Mirabilis 3.0
    • Introduction to Mirabilis
    • Demonstration of Mirabilis 3.0
  • ●Mirabilis – The Business Benefit
    • Analytical testing vs the paper purge approach vs Mirabilis
    • How the purge approach can improve efficiency
  • ●Mirabilis – The Scientific Future
    • Summary of research work at Lhasa relating to purging
  • ●Introduction to Vitic 3.0
    • Overview and demonstration of Vitic 3.0
    • Will include brief overview of cloud hosting
  • ●Zeneth Update and Future Plans
    • Latest Zeneth developments

Lhasa Limited
15:20~15:45 休憩/レイアウト変更 
15:45~17:45 Lhasa's Session-3
  • ●Sarah Nexus – the Statistical-based System for ICH M7
    • Review of Sarah Nexus
  • ●Enhancing the ICH M7 Workflow through Setaria
    • Overview of Setaria
  • ●Introduction to Workshop
    • Recap on expert review and overview of the workshop
  • ●Workshop – ICH M7 Worked Examples
    • A number of example impurities and their Derek/Sarah results will be presented
    • Participants will be asked to review them and provide their assessment
    • Lhasa will present their expert review assessment
Lhasa Limited
17:45~17:55 閉会のご挨拶
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

申込

お問い合わせ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 技術開発第2部 田上 俊輔
ls-marcom@ctc-g.co.jp