イベント・セミナー

IoT時代のデータマネジメントプラットフォームとは・・・?

東京都

先進的な事例を交え、最新技術の全容をご紹介します。

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。
この度、SAPジャパン株式会社と共催にてセミナーを開催する運びとなりました。

場所を問わずに日々発生する大量なデータ。収集したRawデータに前処理を施し、分析可能なデータにリアルタイムに加工、さらに実際のビジネスに寄与する分析レポートをタイムリーに提供することが、企業では求められています。
本セミナーでは、このようなニーズに応えるために必要なデータマネージメントプラットフォームを、SAPとCTCがどのように提供できるのかをお話しいたします。
インメモリーデータベース技術を含め、SAPには効率的にデータマネージメントを実現する様々な製品がございます。今回はインメモリーデータベース以外の製品を中心に先進的な事例を交え、その最新技術の全容をご紹介いたします。

ご多忙の折とは存じますが、皆様のお申し込みを心よりお待ち申し上げます。

開催概要

開催日時
2015年9月2日(水)14:00 ~ 16:00 (受付開始 13:30)
申込期間
会場

SAPジャパン株式会社 本社セミナールーム

東京都 千代田区麹町1-6-4 SAPジャパンビル

東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅3B出口直結
東京メトロ 有楽町線 麹町駅3番出口徒歩6分

定員
対象者
主催
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
共催
SAPジャパン株式会社
協賛
協力
後援
費用
無料(事前登録制)

詳細内容

14:00~15:00 SAPがIoTソリューションに活用するSybase製品群

IoTやM2Mなどから得られるビッグデータ。SAPのデータマネージメント製品は、これらのデータを現在のビジネスにおける正確な判断や、将来のビジネス予測に活用することを視野に入れて設計されています。
本セッションでは、Sybase製品群の現状を、事例を交えてアップデートさせていただきます。

SAPジャパン株式会社
ソリューション統括本部 プラットフォームソリューションズ
高木 伸滋
15:00~15:30 So-net会員データを支えるSybase製品群とデータマネジメントへの取り組み

ソネット株式会社様では、1995年の創業以来、ISP会員情報システムにSybase製品を利用し、データ保持、バックアップ、負荷分散を実現しています。
これらの情報は日々リアルタイムに更新されており、会員のサービス利用動向を分析する情報基盤にも提供されています。
本セッションでは、SAP ASEを含むSybase製品群の活用事例をご紹介いただきます。

ソネット株式会社
システム技術部門プラットフォーム部
西出 葵嘉 様
15:30~16:00 CTCに於けるSAPデータベースの取り組み~SybaseからSAP HANAまで~

CTCがSybase製品を日本で販売を開始してから既に25年が経過しました。
本セッションでは、100社を超えるお客様にSybase製品群を販売・サポートしてきた実績をもとにCTCがご提供できるSI/サポート内容についてご紹介させていただきます。またSAP HANAを加えたSAPデータベースへの取り組みについてもご紹介いたします。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
製品・保守事業推進本部 ミドルウェア技術サポート部
DB技術サポート課
齋藤 努
お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。また、内容は変更となる可能性がございます。
競合他社の方の申込はお断りさせていただきます。予めご了承ください。

本イベント・セミナーへのお申し込み

お申し込み受付期間が終了したため、受付を締め切らせていただきました。

お問い合わせ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 プロダクトビジネス企画推進部 mrc-info@ctc-g.co.jp

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)