アフターコロナを見据えた今後のITインフラ&セキュリティ【Webセミナー】

~クラウドの利活用を推進するためのセキュリティとは | 私たちの働き方はどう変わるのかを解説~

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

コロナの影響でライフスタイルは大きく変わり「ウィズコロナ」「アフターコロナ」を考える時代になりました。
多くの企業でテレワーク環境の整備だけでなく、ITインフラ全般の大きな見直しを迫られる時期になっているのではないでしょうか?

本セミナーではクラウドセキュリティとは?という切口から、クラウド時代のITインフラやセキュリティで必要なものといった大枠についての解説や、テレワーク環境やその先を見据えたネットワークインフラについて製品の比較やユースケースを交えてご紹介いたします。

◆◇ 本セミナーを受講することによって得られるもの ◇◆
・SASEなどのセキュリティ製品について知る
・Palo Alto Networks社の製品で実現するクラウドセキュリティとは
・Prisma Accessを利用したテレワークの活用例



ご多忙の折とは存じますが、皆様のお申し込みを心よりお待ち申し上げます。

開催概要

開催日時 2020年9月17日(木) 15:00 - 16:00(受付開始 14:45)
申込期間
会場
-
定員
 
対象者 経営企画部や情報システム部のご担当者様/テレワークのリモートアクセス環境の改善を図りたいご担当者様/次世代リモートアクセスソリューションの比較(違い)を知りたいご担当者様/リモートアクセス環境にPalo Alto Networks Prisma Accessを検討中のご担当者様 
主催 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
共催 パロアルトネットワークス株式会社
協賛
協力
後援
備考  
費用 無料(事前登録制) 

詳細内容

※プログラム内容や順序については変更になる場合がございます。 

15:00~15:05 オープニング
15:05~15:35 クラウドの利活用を推進するために必要なセキュリティとは

今やクラウドを利用するのが当たり前の時代、どこからでも安全に業務を行いたい!
クラウド上の資産を守りたい!という声は日に日に高まっています。
今注目の「SASE」はなぜ必要か?「SASE」を利用する事で私たちの働き方はどう変わるのか?
「SASE」を体現するPalo Alto Netwoks社のFirewall as a serviceであるPrisma Accessを分かりやすくメーカSEがお話します!

 

<講演のポイント>

  • クラウド活用に必要となるセキュリティ
  • Palo Alto Networks社のPrisma シリーズについて解説
  • Prisma Access 、Prisma Cloudを用いたクラウドインフラ活用例

パロアルトネットワークス株式会社
システムズエンジニア 熊谷 恵逸朗 氏

15:35~15:50 テレワーク、結局どの製品がいいの?CTCが考えるベストプラクティス!

 

経営層からテレワーク環境整備を強く求められる一方で、市場には多くの製品・サービスが乱立しており自社にベストなものを決めかねている、そんな悩みを抱えていませんか?
また、多くの企業・団体にとってテレワーク環境整備が喫緊の課題であることは間違いありませんが、目の前の課題を解決するだけでなく中長期的な視点でビジネスの成長や変革につなげられるソリューション、そのような選択肢が皆様には必要ではないでしょうか。
本セッションでは、様々なテレワーク商材を扱うCTCが、なぜPrisma Accessを押すのか?
他社との製品比較や、ユースケースを交えてご紹介いたします。

 

<講演のポイント>

  • Prisma Accessと他社製品の比較
  • Prisma Accessユースケース
  • 同一製品で実現するテレワーク環境とインフラ全体の変革

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
サイバーセキュリティサービス部
山本 高弘

15:50~16:00 質疑応答

※ご希望の方は以下フォームよりお申込ください

※個人の方、主催・共催の同業他社にお勤めの方のお申し込みはお断りさせていただきます。

本セミナーへのお申し込み

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

申込

「申込」をクリックするとビジネスonITページ公式サイトに移動します。

お問い合わせ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 ITサービス企画統括部 
mrc-info@ctc-g.co.jp

本イベント・セミナーに関する個人情報管理責任者

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 ITサービス企画統括部
部長 本田 義隆