イベント・セミナー

EXPAND YOUR POSSIBILITIES 世界を変えるデジタル変革を、すべての人へ

Red Hat Forum Tokyo 2019

東京都

国内最大級のOSSのイベント

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

今年も、レッドハット株式会社主催による『Red Hat Forum Tokyo 2019』 にゴールドスポンサーとして協賛し、講演・出展する運びとなりました。

本イベントでは、デジタル変革を実現した海外/国内の先進事例や、その革新を支えるための様々な製品やソリューションを、セッションを通じ皆さまにお届けできるよう、約50の多彩なセッションが用意されています。

CTCでは下記の展示と講演にてDXを実現するソリューションをご紹介いたします。

ご多忙の折とは存じますが、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

開催概要

開催日時
2019年11月15日(金)9:30 ~ 18:30 (受付開始 9:00)
申込期間
会場

ANAインターコンチネンタルホテル東京

東京都 港区赤坂1-12-33

・「溜池山王駅」13番出口より徒歩1分
・「六本木一丁目駅」3番出口より徒歩2分
・「赤坂駅」5番出口より徒歩10分
・「神谷町駅」 4番B出口より徒歩10分

定員
対象者
主催
レッドハット株式会社
共催
協賛
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 他
協力
後援
費用
無料(事前登録制)

詳細内容

【セッション】13:15-13:55(AP20)コンテナで実現するManaged Multi-Cloud Services (MMCS)

DXを実現していくためにはコンテナ技術とクラウドサービスの活用が重要です。
加えて、複数のクラウドサービスを利用すると、どうしても運用や監視、クラウド間連携などを考え無ければなりません。
この面倒な部分をCTCにお任せし、迅速なサービスリリースにだけ注力しませんか?
CTCがコンテナで実現するManaged Multi-Cloud Services (MMCS)についてご説明致します。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
フィナンシャルサービス本部 FS営業第3部
部長代行 一万田 真久
【展示ブース】Zabbix x Red Hat Ansible Automation Platform & OpenShift

統合監視ソフトZabbixとITインフラを自動化するAnsibleにより、スピードと快適性を実現する監視運用自動化ソリューションとして、Zabbix x Red Hat Ansible Automation Platformの展示を行います。また、Managed Multi-Cloud ServicesのベースとなるOpenShiftについても、展示します。

本イベント・セミナーへのお申し込み

お申し込み受付期間が終了したため、受付を締め切らせていただきました。

「申込」をクリックすると『Red Hat Forum Tokyo 2019』公式サイトに移動します。

お問い合わせ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 プロダクトビジネス推進部 セミナー事務局 mrc-mvr@ctc-g.co.jp

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)