CAUA FORUM 2019

~急速に進化するクラウド環境に大学はついていけるか~

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

CAUAは10年前「大学はアウトソーシングを活用できるか?」というテーマで、クラウド時代の大学情報システムの在り方を積極的に取り上げ、システムの強化・効率化、統合・アウトソーシング・協同化について討議を行ってきました。
その後、システム更新にかける費用と労力の削減のため、クラウドを積極的に導入する大学も増えてきましたが、利用が進むことにより見えてきた課題もあります。また、機械学習・データ分析の研究教育環境など、これまでとは異なるデータ管理の在り方、システム要求が発生しています。
今回のCAUAシンポジウムでは、クラウド利用が経営に与える真の影響とは何か、将来の改善のための評価方法について一緒に考えてみたいと思います。

ご多忙の折とは存じますが、皆様のお申し込みを心よりお待ち申し上げます。

開催概要

開催日時 2019年7月19日(金)13:30 ~ 17:30 (受付開始 13:10)
申込期間
会場
東京都 品川区東五反田2-10-2 東五反田スクエア13F
定員
60名
 
対象者  
主催 CAUA(シーエーユーエー)
共催
協賛
協力
後援
備考  
費用 無料(事前登録制) 

詳細内容

 

13:30~13:40 オープニング

早稲田大学
図書館長、理工学術院 教授、CAUA会長
深澤 良彰氏

13:40~14:40 基調講演「クラウドファーストの先に何があるか~広島大学におけるクラウドの導入手順と今後の課題~」

組織におけるクラウド化の推進においては、本質を見失い、クラウド環境への移行そのものが目的化してしまうケースが見受けられます。本講演では、広島大学におけるクラウドの導入手順を例に、クラウド導入の本質と課題を再考します。

広島大学
情報メディア教育研究センター センター長
西村 浩二氏

14:50~15:50 特別講演「クラウドテクノロジーの最新企業活用~マルチクラウドの統合と品質メトリクスの管理~」

クラウドコンピューティング環境で仮想マシンが手軽に使えるようになって早や10年が経とうとしています。クラウド環境を利用するシステムはより高い柔軟性と拡張性をもとめてコンテナやK8Sクラスターなどの新しいオーケストレーション環境も利用され始めている一方で、SlackやDropbox、WebExなどのパブリッククラウドサービスの利用も進んでいます。このセッションでは様々なレイヤーで構成されるマルチクラウドの統合と、クラウド時代になって大きく変化してきたクラウド上のサービス品質のメトリクス管理について論じます。

日本IBM株式会社
グローバル・テクノロジー・サービス事業本部 技術理事
山下 克司氏

16:00~17:20 パネルディスカッション「急速に進化するクラウド環境に大学はついていけるか」 

<コーディネータ>
株式会社mokha 代表取締役、CAUA運営委員長 安東 孝二氏

<パネリスト>(五十音順) 
政府CIO補佐官 阿部 政夫氏
東洋大学 情報システム課 課長、CAUA運営委員 鈴木 浩充氏
広島大学  情報メディア教育研究 センター長 西村 浩二氏
日本IBM株式会社  グローバル・テクノロジー・サービス事業本部 技術理事 山下 克司氏

17:20~17:30 クロージング

佐賀大学
工学系研究科 教授、CAUA運営委員
只木 進一氏

17:45~19:15 情報交換会(会費制)

会費:CAUA会員、大学教職員…1,000円.その他の方…2,000円
会場:Innovation Space DEJIMA
※講師との質疑、参加者同士の情報交換の場としてお役立てください。

※お申込み多数の場合は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

本セミナーへのお申し込み

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

申込

お問い合わせ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 ソリューション開発チーム内CAUA事務局 中島 淑乃
caua-ad@ctc-g.co.jp
03-6203-4411

本イベント・セミナーに関する個人情報管理責任者

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 ソリューション開発チーム
チーム長 鈴木 務