IDC Virtual Client Computing Vision Japan 2019

進化し続けるクラウド環境における転換期を迎えたワークスペース戦略

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

この度、IDC Japan株式会社主催「IDC Virtual Client Computing Vision Japan 2019」に協賛し、出展・講演する運びとなりました。今年のテーマは、「進化し続けるクラウド環境における転換期を迎えたワークスペース戦略」です。

近年、国内企業は、少子化および高齢化などを背景に、労働環境等の内的要因から法令/ガイダンスの更新などの外的要因などを受け、様々な意味で転換期を迎えています。民間企業/政府/自治体では、労働力不足を補うために、外国人労働者、生産性向上など、「働き方改革」への取り組みを進めています。

このような状況においてビジネスの原動力としてITを活用する事はもはや必須となっています。なかでもエンドユーザーコンピューティング分野は、エンドポイントの複雑性とインフラの革新性が融合する領域として混沌としており、様々なデバイス、ソリューション、テクノロジーが創出されています。

今回で7回目を迎える「IDC Virtual Client Computing Vision Japan 2019」では、IDCのクライアント仮想化専門アナリストとクライアント仮想化業界のリーディングベンダーによる講演や展示を通して、企業が進めようとしているデジタル化及び働き方改革において、エンドユーザーコンピューティングの新しい方向性をご検討いただくきっかけとなるイベントです。

ご多忙の折とは存じますが、皆様のお申し込みを心よりお待ち申し上げます。

開催概要

開催日時 2019年6月25日(火) 9:20-17:30 (受付開始 9:00)
申込期間 一般の方: ~2019年6月11日(火)正午まで
招待コードをお持ちの方: ~2019年6月21日(金)まで
(但し、定員に達し次第、締め切らせていただきます)
会場
東京都 港区港南1-9-36 アレア品川
JR品川駅中央改札港南口(東口)より徒歩2分
定員
300名
 
対象者 ITユーザー企業の情報システム部門意思決定者、経営者層、経営企画部門、総務部門、事業部門など 
主催 IDC Japan株式会社
共催
協賛 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 他
協力
後援
備考  
費用 一般の方: 30,000円(消費税別)、昼食付
招待コードをお持ちの方: 無料、昼食付 

詳細内容

【CTCセッション】14:55-15:35(講演8) 生産性向上を実現するワークプレイスの選択

働き方改革推進のために、快適なモバイル環境作り、コミュニケーション基盤の導入、スマートデバイスの活用など、取り組むべき施策は多岐にわたります。
一方でこれらのシステムが目的通り活用、安定運用されなければ生産性向上を実現することはできません。
本セッションでは、これまでCTCが多数のお客様のインフラ導入を手掛けてきた知見から、最適なインフラ選択の解説とお客様の生産性向上をご支援する
「ITワークプレイスサービス」をご紹介いたします。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
プロダクトビジネス推進部
プロダクトビジネス推進第1課
課長 田内 康晴

【展示ブース】最適なインフラ選択を支援する「ITワークプレイスサービス」

働き方改革の中核を担う、ITワークプレイスの「構想策定」から「導入」「運用」の各種支援サービスをご紹介します。
働き方改革に関するご相談もブースで承りますので、是非この機会をご利用ください。

本セミナーへのお申し込み

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

申込

「申込」をクリックするとIDC イベント公式サイトに移動します。

お問い合わせ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 プロダクトビジネス推進部 セミナー事務局 
mrc-mvr@ctc-g.co.jp

本イベント・セミナーに関する個人情報管理責任者

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 プロダクトビジネス推進部
部長 菅野 政治